1
2
3
4
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

人は見えない歯車で繋がっている。顔も名前も知らない何処かの誰かのGEARを回すきっかけになるといいなぁ、と思っています。


プロフィール

カイ

Author:カイ
神奈川県在住の36歳、男です。
クルマ好き、バイク好き、マンガ好き、読書好き。
自動車整備士やってる中途半端なオタクです。

愛機はクルマがヴォクシー(AZR60G)、バイクはCBR600RR(PC40)

バイクやクルマを中心に起きる日々の雑多な出来事や、思うことなんかを書いていきたいと思います。


クルマ歴

スターレットターボ(EP82)
 ↓
96インテR
 ↓
スイフトスポーツ

サンバートラック(軽トラ)
 ↓
サンバートラック(軽トラ)
 +
ヴォクシー

ヴォクシー

バイク歴

ストリートマジック
 ↓
GSX400S刀
 ↓
VTR250
 ↓
CBR600RR
 +
D-tracker125


ブロとも歓迎!!よろしくです。

このブログはリンクフリーですので、気に入ったらリンクに追加しちゃえばいいと思いますよ!!
相互リンク希望の方は一声かけてください。

当ブログのカテゴリー『photo』の画像は全て転用フリーです。HPでの使用、ブログでの使用等、全てOK!!
気に入った画像があった場合は、ご自由にお持ち帰りください(^ω^)

カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
13

Category: 雑記

Tags: ---

本文: 0  Trackback: 0

火災が発生していません
ツインズカップのレポ、画像集をUPしてから初の更新ですね。
まだ死んでません。とりあえずまぁ、生きてますw

今月は夜勤なのですが、11月は1年で1番夜勤が忙しい月なのです!!!

69a816af.jpg

昼頃に帰宅→そのまま就寝→夕方に起床→お仕事に出発。
という流れをひたすら繰り返してました。
休日になると謎の発熱により意識不明

bull27928s_convert_20120604183233.jpg

そのまま休日終了(´・ω・`)

簡単に言うと、そんなグダグダな一週間でした。
ってコトでネタ的には何もない日々だったかというと、そうでもありませんでした。

なにせ2回も火災報知器を作動させましたからwww


まず1回目。
朝方、『やっと終わりが見えてきたよ(;゚∀゚)=3ムッハー』なんて雰囲気が職場に流れている時間帯。
職場のお片付け、クルマの移動、書類整理、部品の整理、各々が違った業務をこなしていました。

すると突然、ヴォォオオオオオオオオオ!!!!

というエンジン音が聞こえてきました。
『ん?何だ?随分吹かすなぁ。何事?』と思い、音の方に目を向けると・・・。

先輩↓
アタフタ\(°Д°;≡;°д°)ノオロオロ

俺 「な・・何してんッスか!?そんなバカみたいに回してるとエンジン逝きますよ!?」
先輩 「エンジンが止まらねぇんだよ!!!」

5b66710f.jpg


どうやら燃料噴射ポンプが故障したらしく、キーを抜いてもエンジンが止まらないという非常事態が発生。
しかもエンジン回転は高回転をキープ、マフラーからは消火器か何かが破裂したの?ってぐらいの白煙。
もはや半径1mの視界すら危うい状態。

エンジンが逝くのが先か!?強制停止させるのが先か!?
どーなってしまうんだ!?

見守る俺、ひたすらテンパる先輩A。

先輩B 「バカヤロー!!お前ら何してんだ!!」

先輩A&俺 「何もしてません!!」キッパリ

a8416f74-s.jpg

先輩B 「何もしてないのが問題なんだよ!!」

確かにwww

結局、ブレーキをかけてギヤを5速に入れてスパッとクラッチを繋ぐことで強制停止に成功。
問題はその後でした。

辺りは真っ白い白煙で何も見えません。しかもこの時に限って無風状態。
『こりゃヤベーな。火災報知器鳴るんじゃね?w』
なんて言っていると・・・

ジリリリリリリリリリリッ
カサイガハッセイシマシタ!
カサイガハッセイシマシタ!


あ~ぁ鳴っちゃったかぁ(;´∀`)(;´∀`)(;´ω`)
警報をどうやって止めたらいいのか分からない俺は視界がほぼゼロの工場内をウロウロw
先輩は慣れた様子で火災報知器のスイッチをオフ。

俺 「もしかして警備会社とかに連絡行っちゃうんじゃないですかね(;´・ω・)」

先輩 「あぁ、それなら大丈夫。ウチの会社は警備会社と契約してないからw」

なるほど。それなら安心・・・ってオイ!
警備会社と契約してないんかい!!!大丈夫じゃねぇだろヽ(`Д´)ノ

先輩 「ん~まぁ大丈夫だろ。24時間365日、必ず誰か居るし。凶器道具ならそこら辺にいっぱいあるしww」

まぁ確かに、武装したウチの社員が相手だと思うと、泥棒の方が気の毒になりますね。
ウチの工場からパトカーじゃなく救急車で出ていくことになるのは間違いないでしょう。

先輩 「しかしお客さんが居なくて良かったなぁ(;´∀`)」

その日はそんな感じで終了しました。
ところが恐れていた事態が発生したのです。


運命の2回目。
深夜、現場では『ウォォォォ!!こんなペースじゃ終わらねぇ(`;ω;´)』という修羅場。そして今回やらかしたのは俺でしたw
先輩が先にエンジンオイルを入れたのに気が付かず、俺が更にエンジンオイルを入れてしまったのです。つまり規定量の倍のオイルを入れたことになります。

2人組で作業する時はお互いの行動を見ながら作業するのが鉄則!!
それを怠った俺のミスですね(ノ∀`)ペシッ

当然エンジンをかけると、マフラーからバカみたいな白煙ww
『この煙の量はヤバイ!火災報知器が作動する!!』という経験からくる危険信号を感じながらも、俺にはどうにも出来ません。

ジリリリリリリリリリリッ
カサイガハッセイシマシタ!
カサイガハッセイシマシタ!


あ~ぁ、やっぱり鳴っちゃった(;´ω`)

2回目なので俺も慣れたもんです。警報を切りに事務所へ。

俺 「スイマセ~ン、警報鳴らし・・・(;・ω・)!?」

フロントマン 「・・はい。大丈夫だと思いますが、またこちらから掛け直します。失礼します。」

俺 「お客さんとの電話中でした?」

フロントマン 「あぁ・・いきなり警報鳴りだしたから、お客さんの方がビックリしてたよ。」

俺 「もしかしてアレですか?『火災は事務所で起きてるんじゃない!!現場で起きてんだ!!』とか言ったんですか!?」

注:元ネタ
yjimage_20141113074026a92.jpg

フロントマン 「言う訳ねーだろ!!さっさと警報切れ!!」
パンチ(*゚д゚)=◯)`ν゜)・;'ブッ


とまぁ、こんな感じの1週間でした。
相変わらずウチの職場はネタに困らないですねw

スポンサーサイト
面白かったらここを押してね(^ω^)

Comments

Leave a Comment